節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

妻の養老保険の契約内容を変更しました

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20171202234921j:plain 

妻の年金受取型養老保険の契約内容を変更しました。

正確に言うと、FP相談会後、妻が養老保険の契約を変更していました。(過去形)

 

1 月額保険料について

     現   状:月額86.35ドル(約9,600円)を

          ↓

     変更後:月額57.57ドル(約6,400円)に変更。

【結果】

     月額3,200円の節約(年間38,400円の減)

 

2  将来受取予定の年金額について

      その反面、65歳から受け取れる年金額が

       現    状:月額300ドル(約33,500円)が

           ↓

       変更後:月額200ドル(約22,200円)に減ります。

【結果】

       月額11,300円の減(年間135,600円の減)

 

3   トータルコストパフォーマンス

       妻が平均寿命の87歳まで生きたとしたら

       【払込額】444ヶ月(37年)×   6,400円=2,841,600円

       【受取額】264ヶ月(22年)×22,200円=5,860,800円

          差額3,019,200円(※75歳まで生きれば元が取れる計算です。)

 

        妻の意向を尊重したいと思います。

   (※H29.11.29為替レートで計算しています)