節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

お酒と縁を切ります

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20171210191218p:plain

どうも、くらじいです。

昨日の同期との飲み会で帰った後、
凄まじい頭痛と吐き気、倦怠感に苛まれました。


深夜0時過ぎ~朝8時くらいまで、
布団とトイレを往復。(胃の中が空っぽに)


朝9時~午後4時過ぎまで、倦怠感で布団の中でした。


ようやく、午後4時半頃から、少し回復して、お気に入りのブロガーさんの記事を読めるだけに回復しましたが、
折角の日曜日なのに、有意義に過ごすことができませんでした。


妻とこどもは妻の実家に行っていたので、孤独に体調不良と闘ってました。


お酒の飲み過ぎだ、と言われれはそれまでですが、
やはり、僕はお酒との相性か悪いと再認識しました。。
(実際、昨日飲んだのは、ビール2杯、ハイボール1杯、冷酒おちょこ3杯、巨峰サワー1杯です)


もともと幼少期から片頭痛持ちで、頭痛を起こしやすい体質なので、飲酒から、片頭痛の発作も起きます。


発作が起きれば、凄まじい頭痛と吐き気、悪寒、倦怠感、あと特徴的なのは、日光や蛍光灯などの強い光が眩しく苦痛を感じます。


そのため、家では、お酒はまったく飲まないのですが、会社の飲み会ではこれまで、周りに合わせて頑張って飲んできました。


ですが、さすがに今日のように丸一日休日が潰れてしまっては、何のための休日か分かりません。



人生の大切な1日がお酒によって奪われてしまいます。

もう、周りに合わせてお酒を飲むのは止めます。

今週末も会社の忘年会がありますが、飲酒は遠慮する予定です。

そもそも、僕はお酒に対して良いイメージがありません。


① お酒は美味しくない。
これまで、大人ぶって日本酒が好きとか言ってましたが、ごめんなさい。お酒を、正直おいしいと思ったことはありません。


② お酒は高い。
商品価格に酒税が上乗せされているため高いです。


③ お酒は身体に良くない。
よく、寝つけの一杯や、適切な量なら身体に良いと聞きますが、個人的には、お酒を飲んで体調を崩すばかりで体調がよくなった試しがありません。


以上のことから、くらじいは
今日をもって、お酒と縁を切ります。


お酒を飲まなくたって料理を楽しめばいいし、
お酒が飲めない=カッコ悪いというイメージは
体調の悪化に比べれば、もう、どうでもいいことです。


今では、テレビCMでお酒のCMが流れただけで、気持ち悪くなってしまいます。

早期退職のためには、健康が一番だし、節約にもなるので、お酒と縁を切ることに決めました。


これから忘年会、お正月、新年会のシーズンで、お酒を飲む機会が増えると思いますが、
一切お酒には口をつけないつもりです。
(最初の一杯くらいはいい気もしますが、それなら最初からウーロン茶でいいと思いますし)


お酒に対して
硬い決意を固めたくらじいでした。

それではー。