節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

通勤手当の為に明日も自転車を漕いでいます

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20171211210017j:plain

どうも、くらじいです。

 

最近、寒いですねー。

 

こんな寒風吹きすさぶ中、くらじいは毎日、自転車で通勤しています。

 

家から会社までは自転車で約15分程の距離にあることと、

今の住まいが高台にあるため、

自転車を漕ぐことにあまり苦痛を感じず、会社までは下り坂で一気に辿り着けます。

 

(帰りは登り坂で大変ですが……)

 

しかし、社畜という身分上、

毎朝の会社への下り坂が、地獄への坂道のように感じています。

 

しかも、冬は最悪です。

ただでさえ、気分が重いのに、寒くて、

自転車を坂で下る際に猛烈な寒風に襲われます。

 

もうね…へこたれそうになるんですよ。

おじさんは。

耳が千切れそうだし。

 

 

最初は、近くの高校に通う女子高生と毎日すれ違えるぜ!やっほー!

とか馬鹿みたいに思っていましたが、

 

さすがに、毎日、同じ顔ばかりとすれ違えば飽きちゃいます。

(たぶん、向こうも、またこのおっさん顔真っ赤になりながら、

泣きっ面で自転車転がしてるよー、きっもーとか思っているんでしょうね。。)

 

本当は、スラムダンク流川楓のように、さわやかに自転車を漕ぎたいんですよ。

でもね無理っす。アラサーには寒いよ。

 

そんな苦行を、月約20日、年間約240日も続けているのは

そうです。通勤手当を貰うためです。

 

たった月2,000円の通勤手当です。

年間2万4千円です。(非課税)

 

この通勤手当を大事に取っておいて、

早期退職のために、毎月せっせと資産運用に回しています。

 

アーリーリタイアを成し遂げた尊敬する先輩ブロガーさん

たちに一歩でも近づくための、血の滲むような努力です。

 

会社の先輩からは、

「ちっちぇー。通勤手当をもらえるかどうかなんて、ちっちぇー。」

と蔑まれたくらじいですが、

 

堪え難きを堪え、忍び難きを忍び、これからも自転車通勤を続けるつもりです。

 

そんなわけで、くらじいは

 

通勤手当の為に明日も自転車を漕いでいます。

 

 

それではー。