節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

Kindle unlimitedで出会った読み心地の悪い本(H29年12月①)

スポンサーリンク

 f:id:kurazi:20171223230920j:plain

どうも、くらじいです。

 

今回は、久しぶりに読書の話です。

 

最近、Kindle Unlimitedにお試し登録しました。

お気に入りブロガーさん達がお勧めしていたためです。

 

 

Kindleでは、お気に入りブロガーさん達のお勧めの漫画(インベスターZ)や

マネー雑誌等、色々なジャンルの本を無料で読めて楽しんでいるのですが、

そこで少し気になった本がありました。

 

 

その本とは、↓これです。

「自由をデザインする技術

: 仕事の奴隷、お金の奴隷から解放されて自分の人生を生きるための指南書」

 

 

タイトルに引かれて試しに呼んでみましたが…… 

 

 

※(注意) 少し批判的な部分を含むので、あくまで個人的な考えであることを同意の上、

下にスクロールして、ご覧になってください。(そうでない方はページから離れてください)

 

 

 

くらじいは、この本を一読して、

何だか読み心地が良くなったり、悪くなったりしました。

 

 

文章自体は読みやすく、前向きなことばかり書かれているので読んでいて

読み心地がいいのですが、

 

 

時折、文中に出てくる「スピリチュアル」や「宗教」、「覚醒」とかの言葉や、

また、文体から直感的に読み取れる、著者の「お金」に対する物凄い執着心と、

他を排除するような思考に触れて、読み心地が悪くなりました。

 

(著者の考えでは、著者の考えに否定的な人は、残念な人のように映るようです)

 

 

結局、この本を読んで、くらじいの心に残ったのは、以下の点でした。

 

 

1 良かった点:行動が全て(未来)を左右するという著者の持論に触れたところ。

  (その点については、くらじいも確かになーっと思うところもありました)

 

2 悪かった点

 ⑴ 宗教色が強い。(スピリチュアルとか覚醒とか……若干引く…)

 ⑵ 排他的な思考が文体から滲み出ている。

 ⑶ 文量のわりに中身は「行動が全てを決める」という一点しかない

 ⑷ 文中に、著者のフェイスブックやメルマガ登録へのリンクが貼ってある

  (リンク先には、高額(25万円)なアフィリエイトビジネス等への参加誘導、

  フェイスブックには、海外のホテルで過ごした個人的な写真等の掲載が…)

 

この本の著者の情報は、グーグルですぐに調べられます。

……ので詳細は割愛しますが、

 

 

この本で言う自由って、

要するに著者(教祖)が自由気ままに暮らすために、

 

どうすれば読者(信者)から、お金をかき集められるか?ってことなんじゃないのか

って感じました。

 

くらじいは、Kindle unlimitedのお試し期間中なので無料で読みましたが、

通常価格は1,400円します。

 

購入は、このブログの読者に委ねますが、くらじいはおすすめしません。

 

 

最近、Kindle unlimitedの便利でお得な点ばかり味わっていましたが、

 

意図せず、このような読み心地の悪い本に出合うこともあるんだということが

 

今回、よい勉強になりました。(読んだ(クリックした)のは自分ですが……)

 

 

やっぱり、僕は節約しながらお金を貯めつつ、

 

地道に投資(資産運用)するのが性に合ってるなーと思いました。

 

 

以上、批評家気取りのくらじいでした。