節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

あなたは65歳まで働きたいですか?

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20180106133723j:plain

(「耳をすませば」より西司朗)

 

どうも、効率的な有休取り、充実した節約生活

パパリーマンのくらじいです。

 

 

読者の皆さん、2018年最初の週末をどのようにお過ごしでしょうか。 

家でゆっくりしている方、会社で仕事している方それぞれだと思いますが、

くらじいは、家で紅茶を飲みながらゆっくり読書タイム中です。

 

 

さて、昨日の金曜ロードショースタジオジブリの「魔女の宅急便」でしたね。

読者の皆さんはご覧になられましたか?キキもトンボも両方かわいいですね。

(完全に甥っ子姪っ子目線で観ましたが)

 

 

話は変わりますが、ネットニュースで気になる記事がありました↓

www.nikkei.com

 

記事では、「国家公務員」と「地方公務員」の定年制度を

現行の60歳定年制から65歳定年制へ政府が検討しているとのこと。

(2019年度から段階的に定年を引き上げる)

 

これは、何も公務員に限った話ではないですよね……

 

民間だって、公務員に準じて(ていうか日本全体が)定年制度の延長を

今後取らざるを得ない状況になっていくと思います。

(くらじいの会社もそうなると思う…)

 

 

アーリーリタイア(セミリタイア)を目指しているくらじいとしては、

48歳で引退しようと思っている(こどもが独り立ちすれば)ので

65歳まで働き続けるなんて想像しただけで頭が重くなります。

 

 

定年制度は雇用主側(政府・資本家)が作った制度だと考えています。

 

いくら昔と比べ60代が元気だからといって、

 

 

あなたは、65歳まで働きたいですか?

 f:id:kurazi:20180106141048j:plain

 

 

大半の人は(特にこのブログの読者は)、経済的な自由が手に入るなら

 

働かないことを選択する方が多いと思います。

 

 

くらじいも、もちろんそうです。

 

 

スタジオジブリの「耳をすませば」に出てくる「西 司朗」のように

自分の趣味を楽しみながら生活したいです。

(西司朗80歳だけどね。しかも俺ドイツ留学したことないし、時計治せないけどね

 

 

アーリーリタイア(セミリタイア)という選択ができるように、

 

これからも、ファイナンシャル教育による節約の質を高めて、

 

 

継続的な資産運用を実践していこうと思います。

 

 

まずは、つみたてNISAでも調べようかな。 

 

それではっ!

 

 

くらじいでした。