節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

「マイナンバーカード」を申請してきました。

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20180203165253j:plain

 

どうも、アラサー節約パパリーマンのくらじいです。

今年の恵方巻は南南東の方向を向いて食べるそうですね。

皆さんは恵方巻や節分の豆は食べましたか?

 

 

さて、毎度急に話は変わりますが、

皆さんはマイナンバーカードを持っているでしょうか。

くらじいは先日、マイナンバーカードの交付を申請してきました。

 

 

マイナンバーカードが届くことにより、

役場に行かずとも、全国のコンビニで、「住民票」、「戸籍」、「印鑑登録証明書」、「所得証明書」等が取得できます。しかも通常の手数料よりも50円安いです。

※市区町村によって異なりますので以下のページをご参考ください。

コンビニエンスストア等における証明書等の自動交付【コンビニ交付】 | 利用できる市区町村

 

 

今まで、各種公的書類を準備する時に

役場に行く時間とお金が無駄だとずっと思っていましたので

これは利用していきたいと思います。

 

 

ただ、ネット等では「マイナンバーカード」のデメリットばかり書いている

記事が多かったため、これまでなかなか申請に取り掛かれませんでした。

「個人情報の塊であるマイナンバーが、何らかの原因で情報流出したら

どうするのか」や「副業が会社にばれるから申請しない方がよい」等です。

 

 

ただ、考えてみれば、私の会社では既に人事課が従業員のマイナンバー

を把握しているため、自分がカードを作っても作らなくても

既に会社にくらじいのマイナンバー(個人情報)は知られているのでした……

 

 

しかも、我が社の風の噂では「企業一括申請方式」というものが今後、

色んな会社に拡がっていくため、遅かれ早かれ、どこの会社に所属していようが

社畜は、半ば強制的にマイナンバーカードを申請しないといけなくなるとか。

 

 

だったら、早めに作って少しでも、役場に行く手間とお金を減らした方が良いですよね。

 

あれだけ巨額の国費(税金)をかけて作られた制度なので、今後も制度拡大

するでしょう。(国民は半ば強制的に)

 

例えば、国民年金、保険証、運転免許証、銀行口座なども

マイナンバーに紐付けられていくことでしょう。

(カードよりスマホアプリにしたほうが普及すると思うが…)

 

 

マイナンバーが手元にくるまで2か月弱かかるらしいので

届いたら、また記事にしたいと思います。

 

 

それでは。

 

 

くらじいでした。

 

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ