節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

過労で病む前にみんな転職しようぜ!

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20180207212056j:plain

 

どうも、アラサー節約パパリーマンのくらじいです。

 

 

先日ネットニュースを見ていたら、気になる記事がありました。

www.yomiuri.co.jp

 

広島市の20代女性職員が過度の時間外労働(月100時間)により自殺した件が

公務災害として認められたというニュースです。

 

電通ショック(高橋まつりさんの自殺に関する一連の騒動)といい、

くらじいと、さほど歳が変わらない若者が自ら命を絶つのはとても残念です。

 

恐らく、自ら命を絶つ前に、周囲に何らかのSOSを発していたと思います。

周囲の人も同じように忙しかったのかも知れませんが、それは理由になりません。

 

くらじいも、社会人1年目の時は、月80時間以上の労働を数か月

連続でこなしていましたが、完全に心と身体のバランスが乱れていました。

 

幸い、妻の存在があったため、自殺するまでには至らなかったですが、

あの時は正直きつかったです。

 

思うに、自殺してしまう人は弱い人ではなく、自殺という方法しか

考えられないほど、心と身体に余裕が無くなってしまった人だと思います。

 

くらじいの場合、こんな仕事をしていたら絶対後悔すると思って、

転職を決意できました。

(実際、同じ会社の先輩で、1期上の男性社員は過労自殺しました。)

 

 

転職を決意してからは、朝6時に家を出て、

会社近くにある駅前のスターバックスで朝7時~8時10分まで

転職のための勉強を数か月、継続しました。

(夜は残業だったため、自分の時間は朝しかなかったからです。)

 

 

 おかげで、前職よりまだましな会社に転職することができました。

(以前、社畜のままですが……)

 

 

ここで重要なのは、

過労で病む前に転職すること(転職を考え何かしら実行に移すこと)です。

 

 

そうでないと、まともな思考が効かなくなり、冗談抜きで

自殺しか考えられない状態にまで陥ってしまいます。

 

 

私たち30代や、20代は未来があります。

自分の人生を選択できる未来です。

 

 

是非、過労で病む前に、みんな転職しようぜ!

 

 

自分らしく生きましょう!

 

 

それでは。

 

 

くらじいでした。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ