節約パパリーマンくらじいのアーリーリタイアへの道

ファイナンシャル教育による節約・資産運用で早期退職を目指す

民泊にはあまり賛同できない。

スポンサーリンク

f:id:kurazi:20180315213636p:plain

 

どうも節約パパリーマンのくらじいです。

民泊がここ数年流行っているそうですね。

しかし、民泊によるトラブルも各地で起きているようです。

 

そんな中、民泊新法が6月15日に施行されるに先立ち、

民泊を「業」として行うものは役所への届け出が必須になりました。

www.nikkei.com

 

 

これで、役所に届け出ない民泊は全て違法になります。

 

やっと、法制化してくれましたね。

 

個人的に民泊は、民泊宿周辺の生活環境悪化が懸念されるため、

民泊にはあまり賛同できません。

 

 

民泊に泊まるということは、宿泊にかかるお金が安く済むからですが、

そういう類の宿泊客は、問題が多い外国人観光客が多いと思います。

 

 

外国人等が日本において問題行動を起こすのは、空港や駅、

大型家電量販店やドラッグストア等、結構ありますよね。

 

それなら、まだ我慢できるんです。

そういう、日本とは異なる文化の国の人が大勢いることが分かってますから。

 

でもね…民泊は違うんです。

 

それこそ、我々が住んでいる住宅地、ひょっとしたら自分の家の隣や

マンションの隣室が民泊部屋になるかもしれないのです。

 

考えただけでちょっとぞっとします……。

 

同じ日本人同士でも、生活スタイルや価値観の違いで隣人トラブルが

多いというのに、素性の知れない多数の外国人が、

壁一枚隣の部屋にいるかもしれないと思うだけで……

 

今日のNHKニュースウォッチ9でも民泊特集がありましたが、

やはり、同様の問題で外国人が廊下にゴミを置きっぱなしにする等、

問題が起きているようです。

 

今回の法制化により、民泊業を営むには

1.役所に民泊業者として登録すること。

2.年間の宿泊日数が180日以下であること。

3.民泊地が客観的に分かる表札等を掲げること。

4.賠償保険の加入、他多数

 

などなど、民泊業を営むにはいろいろと誓約を受けるようになります。

 

特に、上記3には注目したいですね。

この家(部屋)は民泊で使用しているところですと、第三者が客観的に見て

民泊業を営んでいる場所だと分かるようにしなくてはなりません。

 

この表示がないと違法です。

 

2020年の東京五輪に向けてこれから外国人がどんどん日本に

押し寄せてきますが、経済効果だけでなく、我々の居住環境の保全

考えてほしいですね。

 

 

あなたの家(部屋)の周りで、

最近、見知らぬ外国人の出入りが増えているところはありませんか?

 

そこで、表札や掲示がなく、民泊を営んでいるようでしたら

それは違法民泊、いわゆるヤミ民泊です。

 

 

そのようなところを見つけた場合は、

お住いの役場に連絡をしましょう。

 

それが、良い住環境を守ることに繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

 

それでは今日はこの辺で。

 

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリスト(20代男性)へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ アラサーサラリーマンへ にほんブログ村 子育てブログ 2017年早生まれの子へ